読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑って、感動して、感心して、ポジティブになれる物事を紹介

笑って、感動して、感心して、ポジティブに生きよう!をもっとうに、生活を楽しくできるようなバラエティ番組、ドラマ、音楽、本などをご紹介しています。

言葉の使い方で部下からの信頼度が増す!デキる上司になりたい人は読むべき本「デキる上司は褒め方が凄い」

f:id:nei20160407:20160419110815j:plain

出典:「7net」より

この本はタイトル通り、デキる上司がどのように部下を褒めるのかを、沢山の例を使って丁寧に語っています。様々な本を見たけれど、この本ほどしっくりきた本はありませんでした!

 

上手いなと思った褒め言葉があったので紹介します。

たとえば、部下の書く字をほめるとします。

「〇〇君はきれいな字を書くね」

こんなふうに上司から言われたらとてもうれしいものですが、ある言葉をプラスすると、もっとインパクトがあるのです。

「〇〇君はきれいな字を書くね。じつはキミが入社試験の際に提出した履歴書を見たときから、ずっとそう思ってたんだ」

日本語力向上会議  2014:55-56)

どうですか?デキる上司ですよね!こんな上司がいて欲しいと多くの人が思うのではないでしょうか?

 

失敗した時の声のかけ方でいいなと思った言葉があったので紹介

失敗した部下に対して、典型的な上司の場合だと、

「何をやっているんだ。昨日今日入社したばかりの新人じゃないだろう。こんな基本的なことでミスをして、仕事をなんだと思っているんだ!」

日本語力向上会議  2014:176)

デキる上司の場合だと、

失敗に対しては、むやみに責めるのではなく、励ます姿勢で臨むのが上司の器量と言えます。

日本語力向上会議  2014:177)

デキる上司は考え方から違いますね!そして、デキる上司が失敗した部下にどんな言葉をかけたのかというと、

「いい経験をしたじゃないか。経験以上の教科書はないぞ」

日本語力向上会議  2014:178)

素敵です。管理人も、こんな上司になりたい!そう思いながら、何度もこの本を読み返しています。興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

デキる上司は褒め方が凄い<デキる人> (角川oneテーマ21)

デキる上司は褒め方が凄い<デキる人> (角川oneテーマ21)

 

 

その他、お勧めの本

20160407.hatenablog.com